結婚式のご祝儀の相場はいくら!?

Pocket

ブログやメルマガを書いていると、多くの方から色々な質問をもらうことがあります。

先日、結婚で必要なお金のコトについて記事を書いたところ、以外な質問を頂くことが多くなりました。

それは、「結婚後でご祝儀はだれからいくらもらいましたか?」ということや、「今度、結婚式があるんですが、ご祝儀はいくら渡せばいいですか?」と言ったことです。

ということで、今回は結婚式のご祝儀について色々と書いて行ければいいと思います!

大前提としてこれだけは知っておこう!

まず、ご祝儀を用意する際にこれだけは知っておかなくてはいけない基本的なことがいくつかあります。

 

まず1つ目が、「割り切れない数字」を持っていくということです。

例えば、3万円や、5万円というのが基本です。

これはなぜかと言いますと、割り切れる数字だと「別れる」を連想させます。3や5という数字は割り切れないので分かれませんよね!

ですので、基本的には奇数の金額を用意しましょう。

 

2つ目は「新札を用意する」ということです。

新札を用意するには意味があります。

1つ目は、「新しい門出をお祝いする」という意味です。

新しい門出なので、当然お札も新しいものを使って欲しいですよね!

2つ目は、「あなたの結婚式を楽しみにしていましたよ!」という意味です。

新札とは急には用意できません。前もって銀行などに行かないと手に入りにくいですよね!ですので、前々からこの日のために新しくて綺麗なお札を用意していましたよということを伝えたあげましょう!

結婚式の相場はいくら渡せばいい?

では次は、実際にいくら金額を用意すれば良いかということです!

社会人ともなると、結婚式に行くことも多くなると思いますし、あなた自身が結婚をすることもあると思います。

今回はあなたが結婚式に行く時にいくら包めばいいかを把握した上で、自身が結婚をする際にいくら貰えるかを想定できればよいと思います!

 

友人の結婚式に出席する場合

まず、友人の結婚式に行く場合ですが、これはもう分かりますよね。

ほぼ確実に3万円で決まりです。

それ以下でも、それ以上でもありません。3万円で決まりです。

ちなみに、会社の上司、部下、同僚の結婚式に出席する場合も同様です。3万円で決まりと言ってもいいでしょう。

 

兄弟の結婚式に出席する場合

これは意見が3つに別れると思います。

・3万円

・5万円

・10万円

この3つですね。

この中で、どれが正解でもなければ、どれが不正解でもないと思います。

ただ、私なりの考えとしては、あなたが結婚する兄弟よりも歳上だった場合は10万円、歳下だった場合は5万円でいいのではないでしょうか。

弟にも関わらず、あまり多く出しすぎるのも変な話です。歳下の場合は5万円でいいでしょう。

 

10万円の場合は割り切れる数ですよね。

さっきは割り切れない数字で渡すのがよいと言いましたが、10万円以上の場合はその限りではありません。

10を1という捉え方で結構です。

あなたが5万円だと少ないと感じる場合は躊躇せず10万円を渡しましょう。

 

いずれにしても、兄弟や家族にご祝儀を渡す場合には、家族に金額を相談してから包むようにしましょう。

例えば、あなたがお姉さんの結婚式に出席する場合、あらかじめご祝儀の金額を両親に相談してからにして下さい。

そうすれば、後々問題にならなくて済みますよ。

 

連名でご祝儀を渡す場合

例えばあなたが結婚をしたとします。

その後あなたのお兄さんや妹が結婚をするとなった場合、あなたは奥さんと一緒に連名でご祝儀を渡すことになると思います。

その場合の金額は10万円が妥当でしょう。

偶数を避けて奇数の9万円にしてはいけません。

9とは「苦」を連想させます。

ですので、5万円ずつを包んで10万円にしてあげることがベストなのです。

結婚式を挙げる費用を考えよう!

結婚式にかかる費用で、参加者の人数に比例して必要な出費というのは、お料理と引き出物の2つです。

お料理は、1人10000円~17000円程です。

それに加え、ドリンク代がかかります。これがだいたい1人2000円~3000円程です。

 

ウェディングケーキにはサイズがありますので、人数に比例して大きくしていきます。

すると、およそ1人あたり1000円程が必要になります。

 

披露宴前に入口でドリンクが配られることもあります。

これはウェルカムドリンクといって、サービスで出してくれる会場もありますが、有料で1人あたり1000円ほどかかる会場もあります。

 

引出物はだいたい1人3000円~5000円程です。

結婚式に参加しことのある方は知っていると思いますが、披露宴会場の自分の座席にはお土産が置いてありますよね。あれが引き出物です。

 

あのお土産の紙袋の中にお菓子が入っていることがあるかと思います。

あれは引菓子と言って、だいたい1000円程のものです。

 

披露宴の最後に、手渡しでプチギフトというお土産を渡される会場もあるかと思います。

例えば、金平糖やジュースなとがそうです。これは1人あたり300円~500円の費用がかかっています。

 

それに加え、デザートバイキングをオプションでやる場合は1人あたり1500円程の費用がかかります。

 

招待状も当然参加者の人数に比例してきます。

招待状は切手なども入れると1通500円くらいの費用になります。

 

これらの金額を足していくと、1人あたり2万円以上は必要になってくるのです。

つまりご祝儀とは、2万円では結婚式を挙げるカップルにとって赤字な訳です。つまり、確実に3万円以上を包む必要があるのです。

ご祝儀について色々と話を聞くことも多くありますが、連名にして5万円しか出さないとか、1人2万円しか包まなかった人がいるとか、信じられない話ではあるのですが、意外とよくある話なのです。

結婚式とは2万円では足りません。確実に3万円以上包むようにしましょう。

ご祝儀の話のまとめ

ご祝儀の話についていかがでしたか?

いくら包んだらいいかわからないという方や、今ご祝儀について悩んでいる方にとって少しでも参考になれたらと思います!

もし迷ったことがあれば、またこの記事を見返してみて下さいね!

結婚で必要なお金のコトや結婚までの流れ

2019年11月20日

レストランウェディングの費用とは!?いろいろと詳しく紹介!

2019年12月4日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日祝日休み・趣味はゴルフ、野球観戦といった絵にかいたようなサラリーマンです。見た目は低身長・脂性肌・太りやすい体格・決してイケメンではない外見ですが、有村架純に似た5歳年下の美女と結婚しました。今では子どもも生まれて幸せに暮らしています。 ではいったいなぜそのような結婚をすることができたのか。それは独身時代に【あること】をしたことがきっかけでした。 その【あること】とは一体… その秘密をこのブログで無料公開しています。