結婚相手に妥協できるポイントとできないポイント

Pocket

太一
なぁ、安藤さん。結婚って妥協は大事かな?100%満足のいく女性を探したほうがいいのか、それともある程度婚活したところで結婚に踏み切ったほうがいいのかな?どっちなんだ?
安藤
太一くん、いい質問だね!よし、今回は結婚において妥協できるかどうかについて話していこうか!

今回のテーマは結婚において、妥協できるポイントとできないポイントについてです。

結婚において、妥協は必要でしょうか?

まー、100%満足のいく相手を待っていたらしばらくは結婚は難しいかなって思いますね!

だって相手に100%を求めるってことは、自分も相手にとって100%の相手じゃないと釣り合わないじゃないですか??それって無理ですよね。

ということは、どこかで妥協点っていうのを見つけなくてはいけないということになるんですね。

では妥協できるポイント、できないポイントっていうのはどういうところなのかを少し見ていきましょうか。

 

さっそくですが、あなたは妥協できるポイントと妥協できないポイントはどういった点が挙げられるでしょうか?

 

自分の目の前に理想的な女性が現れ、外見が自分のタイプだとします。

その後順調に付き合ったとしても、お互いの価値観が合わなかったら結婚生活は楽しくありません。

ということは、自分にとって女性に求めるもの、妥協が可能なものをあらかじめ自己分析をして確認をしておくことが重要です。

自己分析っていうと就活みたいですよね!笑

でも、将来自分のパートナーになる方とうまくいくように、ここでしっかりと考えておくことが重要です。

求めるものと妥協ポイント。私の場合はこうでした。

求めるもの

・非喫煙者

・ギャルではない人

・年齢は2個上まで

・価値観が合うかどうか

・笑いのツボ、金銭感覚が合うかどうか

・思いやりがあるかどうか

妥協ポイント

・理想は歳下か同い歳だが、2個上までなら可

・最低限の容姿

求めるものを多く書いているように見えますが、これによってそこまで女性が少なく絞られることもありません。

まずタバコに関してですが、吸わない女性の方が圧倒的に多いです。吸っている女性は少ないですよね。

やっぱり、タバコは体に良くないですし、洋服に臭いがつくのも気になります。歯茎も黒くなりますし息も臭いますので、タバコを吸っている女性は除外しました。

ギャルかどうかは人によっては判断が難しいと思いますが、簡単に言えば爪が異様に長くて、髪が金髪のように明るくて、華美なブランド物を身につけていて外見が派手かどうかです。(いわゆる、ゆきぽよちゃんみたいな人です笑)

当然、多少茶髪であったりしても全く問題はありません。いわゆる、一般的なギャルは避けました。

 

年齢に関してですが、

 

何となくですf^^*)

 

別にフィーリングさえあえば、3つ上でも、4つ上でも、逆に10個くらい下でも問題ありませんでした。女性は男性よりも精神年齢が上だと言いますし、多少歳下のほうが合うのかなと感じていただけです☆

ここまでは、完全に私の好みとなりますが、ここからはあなたにも共通して言えることになるかと思います。

まず、価値観が合うかどうかということは、非常に重要です。

例えば、金銭感覚や笑いのツボ、何が良いことか悪いことか、綺麗好きかどうかなどです。

価値観と一言で言えばそれまでですが、一緒に生活をしていく上では最も大事です。価値観の違いで、思わぬケンカをしてしまうこともあります。完璧に相手の価値観を知るには一緒に暮らしてみないとわかりませんが、デートを繰り返していくうちに分かってくることもあります。

デートを繰り返し、相手のことを知り、自分との価値観を比べてみて付き合うようにしましょう。

それと、思いやりがあるかどうかも非常に重要です。

付き合う前の段階で、LINEの返事が遅い(24時間以上時間が空く)のは心配です。返信が遅い時点でまず脈がないと思ってもらってもいいです。そしてその女性によほど魅力がない限りは追わないほうが無難です。

もし仮にその女性を追って、付き合うことになっても、そのあともずっと追わなくてはいけない関係性になります。付き合ったあとの関係性が相手の方がうえになりますので、そういう関係で付き合うのは疲れるだけですのでやめましょう。

カップルにおいて主従関係なんていうのはあってはいけませんが、追い続けて付き合うのは、そういう関係性になりがちなので、おすすめはしません。

また、乱暴な言葉遣いをする(クソ~、ウザイ、まじでムカつくなど)、お年寄りや子ども、動物などに対して冷たいなど、人として大人としての思いやりがない人とは付き合わないべきです。

そういう人とは付き合った後で必ず後悔をします。

結婚が近づくにつれ、いずれは自分の両親に彼女を紹介するときがきます。その時、自分の両親に対して冷たい態度や失礼な態度を取られたら気持ちよくないですよね。

思いやりのない女性とは、どんなに容姿が良くても付き合ってはいけないのです。

妥協してもよいポイントとは

次に妥協しても良いポイントについてお話をします。

まず、結婚において妥協はしてもよいのかどうかというところですが、これに対しての回答は「当然妥協しても良い」というのが答えです。

なぜなら、自分は完璧な人間ではないですよね。

人は誰でも速水もこみちのようにすらっとした長身イケメンでもなけれは、ソフトバンクの孫社長のように大金持ちでもありません。

自分が完璧ではないのに、相手の女性に完璧を求めてはいけません。

完璧を求めていると、いつまでたっても女性と付き合うどころか、結婚が遠のくばかりです。

むしろ完璧な女性はすでに別の男性と付き合っているか、そうでなくても、それ相当の男性と付き合うことになります。

よく、結婚するんだから理想の女性でないと付き合えないという人がいますが、それは違います。

例え少し顔がタイプでなくても、付き合っていくうちに愛着が湧いてきます。例え少し生活のリズムが合わなくても、どちらかに歩み寄ればいいだけです。例え少しがさつであっても、笑って許してあげればいいのです。

その中でも絶対に譲れないところは、譲る必要はありませんが、妥協ポイントを少しでも増やして行ければ結婚は確実に近づいてきます。

妥協とは諦めることでは決してありません。相手の女性の方を暖かく包んであげることです。

何か許せないことがあったときに、自分の理想を押し付けることは自分のエゴとなります。

相手の人柄としっかりと向き合い、全てを愛してあげるからこそ、理想の結婚に近づくのです。

太一
なるほどな。いままで理想ばかり追い求めていたけど、相手の内面もしっかりと見ようと思うよ。
美波
そうね!完璧な人なんていないもの!相手に歩み寄る優しがが大事だわ!
Pocket

今回の記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします

婚活ランキング
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いたって普通のアラサーサラリーマン。 身長162センチ、中肉(太りやすい体質)、脂性肌で、決してイケメンとは程遠い顔面にも関わらず、婚活パーティーでは成功率約70パーセントを誇る、自称「恋愛マスター」。