明けましておめでとう御座います

Pocket

どうも、安藤です!

明けましておめでとう御座います!

今年も楽しい記事やためになる記事を書いていきますので、本ブログをどうそよろしくお願いします。

 

さて、年末や年越し、新年などは皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私は、29日と30日は古くからの友人と忘年会をしていました。

日頃から、それぞれの仕事で休みが不定期だったり、休みがあっても、家族と過ごしたり、出掛ける予定があったりと、歳をとるにつれて、様々な用事ができてスケジュールが空けられなくなってくるので、年末の休みは非常に貴重な休みとなります。

 

30日に会った友人は、最近好きな女の子に振られてしまったようで、とても落ち込んでいて色々と婚活に関して聞いてきたので、私から全力でアドバイスをしました。

彼は非常に優しくて渋くてイケメンな顔にも関わらず、その女性に振られてしまった原因がわからないということだったので、彼の相談に乗りました。

この話に関してはまた追って話していこうと思います。

 

 

そんな中、私は家にいるときは撮りためている特番を見るのが年末の過ごし方となっています。

 

先日の日本レコード大賞はご覧になられましたでしょうか。

 

私は完全にDA PUMPのU.S.A.だと思っていましたが、結果は乃木坂46のシンクロニシティでした。

優秀作品賞にノミネートされている10作品はどれも素晴らしい作品でした。

しかしその中でも2018年を象徴する意味でも、確実に最優秀作品はDA PUMPだと思ったいましたが、結果は乃木坂46でした。

 

 

この結果に関してとても気になったので、そもそもだれがレコード大賞の最優秀賞を評価をしているのかと調べたところ、「日本作曲家協会」であり、後援としてTBSや各スポーツ紙、音楽プロデューサーなどがついているそうです。

そしてレコード大賞選考基準を確認したところ、「作詞、作曲、編曲を通じて芸術性や独自性が顕著で、その年を色濃く反映した代表曲」ということでした。

↑選考基準をちょっと省略しています。

 

 

私はこれを見て、

 

「それなら尚更U.S.A.じゃん!」

 

と思いましたが、どうやら違うようです。

 

 

U.S.A.はイタリア人歌手「ジョーイエロー」のカバー曲だったんですね。

カバー曲は以前にも西城秀樹さんが、「YOUNG MAN」で大ヒットしましたが、洋楽が原曲だったのでノミネートされなかった経緯があったということだったので、納得と言った感じです。

 

では、2018年に大ヒットした米津玄師さんの「LEMON」はどうなのと思いましたが、米津玄師さんはメディアに出ることに積極的ではないために、ノミネートされなかったようですね。

 

 

それから、今年の紅白歌合戦はとても斬新で老若男女楽しめたと思います。

演歌歌手は若手と融合して、演歌を歌っている時はバックで若手歌手がダンサーを務めていました。

テレビ離れが進んでいる若者でも楽しめるように、演歌歌手の人数が非常に少なく、比較的若い歌手の登場が目立ちました。

 

その後はジャニーズ年越しライブやCDTVを見て、年を越しました。

 

 

 

ここまでが年末の過ごし方でした。

元旦は、妻と初詣に行ってきました。

前回の記事でも書きましたが、境内でお賽銭を入れる時は鐘を鳴らした後のほうがいいのです。

早速鐘を鳴らそうと思ったら、なんと、

 

 

 

 

鐘がありませんでした笑

 

 

 

ここの神社には鐘がなかったのです。

非常に大きな神社だったので参拝客も多く、一人一人が鐘を鳴らしている時間はないのかもしれませんね。

 

さっそく出鼻をくじかれましたが、気を取り直してお賽銭を入れました。

 

 

それから、これまた前回のブログでも書きましたが、初詣でのおみくじは1度だけという決まりはなく、何度でも引いていいということだったので、凶が出れば再びおみくじを引いても良いという気持ちで引きました。

そしたら、

末吉でした笑

 

絶妙に微妙なくじ運です笑

 

でも凶ではなかったので、おみくじはこの1回だけで終わりにしておきました。

 

引き終えたおみくじは、すぐ横にある紐に、利き手と逆の手で結ぶと、運気がひとつ上がります。

つまり私の場合、利き手は右手なので、左手でおみくじを結ぶと、末吉は吉になります。

 

 

しかし、利き手と逆の左手で紐に結ぶのが、思った以上に大変であり、後でほどけると良くないので、しっかり両手を使って固く結びました笑

 

その後は、屋台で食事をしました。

↑上タン塩串を食べたり、

クレープを食べたりして楽しみました。

 

とにかく神社はものすごい混んでいましたが、前回の記事に書いたことを奥さんと話しながら歩いたり、美味しいものを食べたりしながら歩くのは本当に楽しかったです。

 

この後は、近所のショッピングモールで買い物をして元旦を楽しみました。

2日と3日はお互いの実家に行き、お互いの親族と食事をしながら近況を話したりしました。

 

 

年末は、友人と忘年会をしたり、年越しはテレビを見ながらお蕎麦を食べたり、初詣に行って食べ歩きをしたり、お互いの親族と食事をしたりと、とにかく食べてばっかりの正月だったので、2kgくらい太りました笑

 

 

でも、家族や友人と楽しい時間を過ごしながら一緒に食事を作り、一緒に美味しいご飯を食べて太るのであれば全く後悔はしていません。

むしろ、独身のときのように、平日の昼間に1人で定食屋に入って、仕事の事を考えながら黙々とご飯を食べたり、仕事終わりに誰からも栄養のことに関して気を使われず、好きな物を食べたいだけ食べて太るよりはずっと幸せです。

 

年末年始は実家に帰ったり、妻の実家に行ったり、親戚が集まったりと、多くの親族と一緒に過ごす時間が多くなります。

家族や友人と食事をしながら普段話さないことを話すことも非常に多いです。

 

そんな中で、自分に妻がいるということは非常に心強いことだなって本当に実感します。

バレンタインやホワイトデー、ゴールデンウィークやクリスマス以上に年末年始は親族と一緒に過ごす時間が長くなります。

 

将来の住まいについて話したり、子どもについて話したり、仕事について話したり…

この時期は、家族全員顔を合わせながら深い話をする事が非常に多くなります。

その度に私は結婚をして本当に良かったと実感します。

社会人としてまたひとつ成長していると実感できるのからです。

 

 

自分が20代前半の頃は好きなことをして好きなように生きていましたが、30歳手前で将来のことを考えて早めに婚活をしました。

その結果が今に生きています。

 

もし今彼女や奥さんがいなくて、どこか心細い気持ちや寂しい気持ちを持っている方は、今から婚活を始めませんか。

彼女や奥さんができ、その方が常に自分を1番に考えてくれると思うだけでもとても幸せに感じます。

それに加え、自分に彼女や奥さんがいるというだけで、周りの人達が自分に力を貸してくれて、それによって周りの見え方が違って見えてくるはずですですよ☆

 

Pocket

今回の記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします

婚活ランキング
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いたって普通のアラサーサラリーマン。 身長162センチ、中肉(太りやすい体質)、脂性肌で、決してイケメンとは程遠い顔面にも関わらず、婚活パーティーでは成功率約70パーセントを誇る、自称「恋愛マスター」。