昭和生まれの「平成ジャンプ」って何!?

Pocket

あなたは「平成ジャンプ」という言葉をご存知でしょうか!?

アイドルグループのことではないですよ!

平成ジャンプとは、昭和生まれの人が結婚をしないで、平成を飛び越え、令和の時代を迎えたことを指します!

そ、そんな言葉があったなんて!って感じですよね。

 

最近ではこの言葉を借りて、「平成に〇〇しなかった人」を総称して平成ジャンプと呼んだりもします。

例えば、付き合った経験すらない人だとか、就職しなかった人、運転免許が取れなかった人…これらの人を平成ジャンプと言ったりもします。

自分で、ジャンプしすぎでK点超えなんて自虐を言う人まで出てきました!(笑)

とりあえず、今回は結婚に関する平成ジャンプについて解説していこうと思います!

平成ジャンプっていつの言葉!?

そもそもこの平成ジャンプという言葉はいつ産まれた言葉なのでしょうか?

アイドルグループは「Hey! Say! JUMP」と書きますよね!

 

しかし、昭和生まれの人が独身のまま平成を飛び越えて令和になることは「平成ジャンプ」と書きます。

これをTwitterで遡ると、2017年10月になるとのことなんです!その頃からこの平成ジャンプという言葉があったんですね!

その時に何気なく誰かが発信した言葉が今になって浸透してきました。

Hey! Say! JUMPもびっくりですね(笑)

平成ジャンプを流行らせたのは株式会社エウレカ!



 この言葉は元々だれかかTwitterで発信したものとはいえ、流行らせた人がいることも事実です。

その企業こそ、「株式会社エウレカ」というわけです。

エウレカは知っている人もいるかと思いますが、マッチングアプリのペアーズや、婚活コンシェルジュアプリのPairsエンゲージを手がけている、婚活業界の大手企業です。

Pairs ペアーズは会員数800万人!使い方を徹底解析!

2018年12月12日

この会社が使ったらすぐに浸透してしまいますよね!

では、このエウレカは平成ジャンプという言葉を使って何が言いたかったんでしょうか?

平成ジャンプ世代の8割は結婚を希望している!

結婚とは縁やタイミングが大きく関係しています。

平成を飛び越えた昭和生まれの人は30歳以上でしょう。それまでは仕事が忙しかったり、タイミングが合わなかったりして、結婚をしなかったと思います。

 

そんな昭和生まれの人であっても30歳以上ともなると、会社ではある程度の役職に付き、後輩もでき、仕事もできるようになり、お給料も徐々に貰えるようになって生活に余裕ができるようになると、結婚というものを意識するようになります。

さらに、周りの昭和生まれの人は徐々に結婚し始めている人が多いわけですから、人の幸せを見ていると羨ましくもなりますし、同時に焦りやプレッシャーも感じるといいます。

 

そんな平成ジャンプ世代で結婚を希望している人の割合は、なんと8割にのぼるというのです!

なんでも全国の30歳~39歳の独身男女約1800人に結婚を希望しているかどかを聞いたところ、【いずれは結婚をしたい】という回答が回答が男女共に8割を占めたということです。

平成ジャンプ世代はどのようなときに結婚を意識するか

そんな8割の平成ジャンプ世代は、いったいどのようなときに結婚を意識するのでしょうか。

1位:周りの友人が次々と結婚や出産をしていく

2位:結婚した友人の幸せそうな姿や、楽しそうな家庭の姿を見る

3位:周囲から幸せそうな結婚の話を聞く

4位:家族や親に結婚をするように言われる

出典:株式会社エウレカ

だいたいがこれらの意見となっています!

特に、1位の意見がかなり多く、男性の5割、女性の7割は、周りが次々と結婚をしていく姿を目の当たりにして、結婚を意識するようです。

確かに周りが結婚して幸せそうな姿を見ていると、結婚っていいなー!って思ってしまいますよね。自分1人で自由に生きていくのも1つの手段ですが、やっぱり家族と一緒に暮らして行くほうが良いですよね!

人から言われて結婚を意識するという意見も4位にありますが、上位3つの意見を見ても、自発的に結婚がしたいと希望している男女が多いように見受けられますね。

平成ジャンプ世代は婚活に取り組めているのか!?

エウレカは、先程の結婚を希望している平成ジャンプ世代8割の男女に対して、婚活に取り組めているのかどうかという実態を調査したところ、男女共に8割の人達が「婚活に取り組めていない」という回答があったそうです。

理由は下記の通りです。

1位:なんとなく面倒

2位:どう始めていいのかわからない

3位:費用がない

4位:時間がない

5位:他人にどう思われるかが不安

出典:株式会社エウレカ

1位、2位の理由はなんとなくだとか、どう始めていいのかなど、漠然とした理由が上位をしめています。

結婚って新しい家族ができることですし、人と人が助け合って生きていく素晴らしいことなので、なんとなくという理由だともったいないですよね!

それに、今は婚活というのはお金や時間がそこまでなくてもできるものですが、それを知らずに結婚まで辿り着けないのは非常にもったいないことだと思いました。

 

たしかに今は携帯ゲームアプリやネット配信動画などを利用すればいくらでも1人で楽しむことができてしまいますし、煩わしい人間関係をイチから構築するのがなんとなく面倒だと考えているのも分からなくもありません。

 

ただ、そうは考えていてもやはり結婚を希望している人が8割いるというのが現実です。

平成ジャンプ世代の男女8割が結婚を希望していますが、その中の8割は具体的な婚活が出来ていないのが現状だということです。

婚活をしている平成ジャンプ世代はどれくらいの頻度で活動している!?

では、平成ジャンプ世代で婚活を実際にしているという人はどれくらい活動しているのでしょうか。

1位:1時間未満(33.0%)

2位:1時間~3時間(25.1%)

3位:3時間~5時間(20.7%)

出典:株式会社エウレカ

1週間に3時間未満という人が58%以上を占めています。

平成ジャンプ世代の方達は潜在的に結婚がしたいと思っていても、時間がなくてなかなか活動ができていないようです。

もしくは先程の調査の通り、なんとなく行動していない人や、行動の仕方が分からない人が多いようです。

 

確かに婚活に時間が避けないと、思うような女性に出会えませんよね。

でも逆に婚活をしていない人が多いからこそ、ここは頑張って婚活をしてみればいい人に出会えてしまうかもしれませんよ!

婚活サービスに望むものは!?

そんな中、平成ジャンプ世代が婚活サービスに望むものをエウレカはまとめています。

1位:利用料金が高くない

2位:自分が望む条件の相手を見つけやすい

3位:適切なサポートが受けられる

4位:多くの相手と出会える

5位:利用にかかる時間や手間が少ない

出典:株式会社エウレカ

これらが望むものとして挙げられますが、利用料金か高くないこと、自分が望む相手が見つけやすいという上位2つの理由が、割合としては大きいそうです。

こういう理由を考えると、婚活とは「費用面」「出会いやすさ」の2つが重要だと考えている人が多いようです。

平成ジャンプ世代は婚活中どのようなことにストレスを感じているのか

平成ジャンプ世代の方が婚活をしていてストレスを感じることはあるのでしょうか?

そしてそれはどんなときに感じ、ストレスを感じた時はどう解消しているのでしょうか?

婚活にストレスを感じたことはありますか?

はい:男性67.0%、女性89.9%

出典:株式会社エウレカ

女性側のストレスは半端ないですね!(笑)

なかなか理想の男性に出会うことは難しいそうです。

 

一方で男性はというと、女性ほど多くはないようですが過半数は超えているようです。

 

では、男性・女性共にどのようなストレスが多いのでしょうか。

【男性】

1位:自分自身に対する結婚へのプレッシャー

2位:いい人が見つからない

3位:自分に合った人が分からない

【女性】

1位:いい人が見つからない

2位:自分自身に対する結婚へのプレッシャー

3位:お金がかかる

出典:株式会社エウレカ

男性側の1位は自分自身に対する結婚へのプレッシャーですね。

この結果から見ると、男性側のほうが自分自身が結婚に適している人かどうかということに不安を抱いている傾向にあると言えます。

 

もうひとつ男女共に意見としてあるのが、いい人が見つからないということです。

確かに「良い人」というのは婚活市場では先に結婚していきます。

結婚とはタイミングが大事という意味もそういうのが関係しているんですよね。

 

あとは、男性側で自分に合った人が分からないという意見がありますね。

自分にはどういう女性があっているのか分からない場合はしっかりと自己分析をしていけば大丈夫です。

具体的には、自分の居心地のいい場所を想像するのです。

あなただったら何をしているとき楽しくて居心地がいいですか?もしそれが読書をしているときだったら読書が好きな人、もしそれがゲームをしているときだったらゲームが好きな人と付き合えるのがベストですよね。

自分の趣味が合う人と、その趣味の話をしているときって本当に楽しいじゃないですか!もし自分に合った人で悩まれたときは、趣味から女性を探してみるといいかもしれませんよ!

 

では、婚活をしていてストレスを感じる時というのはどうやって解消しているのでしょうか?

1位:新しい人に会う

2位:家族、友人に話してみる

3位:家族、友人以外の人に相談する

出典:株式会社エウレカ

新しい人に会ったり、誰かに相談したりと、色々と模索をしながら婚活をしているということですね!

婚活とは、一生一緒に暮らして行く女性を探す活動ですから、悩んだり、迷ったりすることってきっとありますよね!

そうなったら、自分1人で悩まずに誰かに相談することが一番です!

婚活で悩んだときは誰かに頼ろう!

エウレカは、平成ジャンプ世代に「婚活で悩んだとき専門的な相談先が必要だと思いますか?」という質問をしたところ、「はい」と答えた人が実に75%以上回答しているという結果を出しました。

つまり、平成ジャンプ世代は婚活に対してこういうことを考えているということが言えます。

・結婚はしたい

・でも婚活が出来ていない

・婚活の仕方が分からない

・婚活にかける時間があまりない

・婚活に費用をあまり使えない

・良い人が見つかるか不安

・婚活で悩んだ時、誰かに相談したい

このような悩みを抱えています。

そういうときは、親か仲の良い友人に相談することが一番です。きっと親身になってあなたの話を聞いてくれるでしょう。

しかし、周りに相談できる人がいない場合、もし宜しければ私のメルマガを読んでみてください。

私も実際に婚活をしてきましたので、参考になればと思います。

平成ジャンプという言葉にイラッ

この記事では「平成ジャンプ世代」という言葉を散々使ってきましたが、実は私はこの言葉がそんなに好きではありません。

こんなに連呼しておいて言うのもアレですが(笑)

 

例えば、今の30歳以下の人って何かあるとすぐに「ゆとり世代」って言われませんか!?

私もその世代に近い年齢なので、ゆとり世代って言われるとちょっとイラッとするんですね!なんか、甘やかされて育ったとか、大して勉強して来なかったとか、忍耐力がないって言われているようで。

昭和生まれで結婚していない人は焦らなくても大丈夫です!

今までの人生、結婚以外のことに頑張って来たという証ですから!

 

ただ、もしこれから結婚をしたいと思っている人で、何をしたらよいか分からない、良い人に出会えるか不安だ、婚活にかける時間がなかなか取れない、婚活にそこまでお金をかけられないという人は、私のメルマガを読んでみてください!

20代で数々の婚活に真剣に励んできた私の経験談を書いています。

まだ独身だけど、これから結婚を希望しているという人の参考になればと書きました。

是非読んでみてくださいね。

【関連記事はこちら】▽

Pairs ペアーズは会員数800万人!使い方を徹底解析!

2018年12月12日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日祝日休み・趣味はゴルフ、野球観戦といった絵にかいたようなサラリーマンです。見た目は低身長・脂性肌・太りやすい体格・決してイケメンではない外見ですが、有村架純に似た5歳年下の美女と結婚しました。今では子どもも生まれて幸せに暮らしています。 ではいったいなぜそのような結婚をすることができたのか。それは独身時代に【あること】をしたことがきっかけでした。 その【あること】とは一体… その秘密をこのブログで無料公開しています。