婚活で異性の目を見ることは重要!改善法から学ぶ上手に異性の目を見て話す方法!

Pocket

太一
なぁ、安藤さん。最近ちょっと悩みがあってさ。俺って女性と喋るとき、相手の目を見て話すことが苦手なんだ。なんかこう、照れるっていうかさ。あと、目を見すぎて気持ち悪いとか怖いって思われたらどうしようとか、余計な事を考えてしまうんだよな。そうすると、上手く女性の目を見て話すことが出来ないんだ。
安藤
うんうん、わかるよ!シャイな男性なら誰でも経験をしていることだね!そういう僕も女性とは今でも上手く目を見て話すことが苦手だよ!でも、意識的に改善して、少しずつ喋れるようになったから、今日はそれについて話していこうか!

あなたも、異性と会話をするときに目を見て話すことが苦手だなと感じたことはありませんでしょうか?

女性の目を見て話すことってなんか照れくさいですよね。相手に気があると思わせちゃうかなとか、目を見すぎると怖がられるかなとか、色々なことを考えると余計に目を見て話せなくなります!

今回は、その事について少しでも改善していけるように記事を書いていこうと思います!

目を見て話せないって悪いこと?

異性の目を見て話せないということは決して悪いことではありません!

確かに、全く目を見ないと、「自分に興味がないのかな」とか、「自分と話すことが嫌なのかな」とか思われてしまう可能性もあります。

 

ただ、なぜ異性の目を見ながら話せないのかというと、最初に説明した通り単純に恥ずかしいからであって、さらに言うと相手に変な気を持たせてしまう可能性もあったり、怖がられたりすることを恐れて目を見れないだけなのです。

つまり、相手のことを考えての結果であって、むしろ自分自身の優しさからくる行動だと思うのです!←と、こう自分に言い聞かせてます!笑

婚活においては目を見て話すことは非常に重要!

とは言え、やはり婚活においては相手の目を見て話すことは非常に重要です!

なぜなら、相手の話していることや、相手に対して自分が気になっていますよということが相手に伝わらない限りは恋愛に発展しないからです!

 

女性というのは男よりも諦めが早い性格をしています。

「私に興味がないんだな」と思ったらその男性に対して興味がなくなります。

一方で、「この人は私に興味を持ってくれているな!」と思えば、その人のことが気になるものです。そして、そこから恋愛がスタートします。

つまり、女性に自分のことを意識して貰えなければ恋愛すらスタートしないと言っても過言ではありません。相手の目を見て話すということはそれくらい重要なことなのです。

目を見て話すことは、長期的な関係よりも短期決戦として非常に重要!

異性の目を見て話す事というのは、長期的な人間関係よりも、短期間で人と仲良くなる事として非常に重要な意味を持ちます。

例えば、中学や高校時代など古くから仲の良い友人に対して目を見て話すことが出来ないという悩みは持ちませんよね。

それは、長期間自分と付き合ってきたので、自分の性格を理解してくれているので、今更目を見て話すも何も、そんなことを考えずともお互いを理解しているからです。

 

一方で、これから知り合う人とは目を見て話すという非言語的な事が非常に重要な意味を持ちます。

相手の目をしっかりと見て話す人というのは、「誠実な人」「自分の話をしっかり聞いてくれる人」「自分に興味がある人」という印象を相手に与えることができます。

もし自分が初対面の人と話す時に、自分の目を見て話してくれなかったから、「自分の話がつまらないのかな?」「自分に興味がないのかな?」と不安になります。

つまり、異性に対して「変な気を持たせてしまう」「怖いと思われてしまう」など、そういうことを考える事が実はマイナスなのです。

異性の目を見て話す訓練!

では、実際にどうすれば異性の目を見て話すことができるのでしょうか?

実際に私が実践してきた方法を伝授しますので、是非試してみてくださいね!

話の抑揚に合わせて目線を合わせる

結論として、私が1番成功している方法はこの

「話の抑揚に合わせて目線を合わせる」

という方法です。

よく「眉間付近を見る」だとか、「鼻の上を見る」という教え方があると思いますが、そんなことをしたら相手からしてみたら「どこを見ているんだろう?私の鼻に何か付いてるのかな?」って思われてしまいます。

というか、眉間や鼻を見ながら話すことは不自然です笑見るなら相手の目か、あえて視線を大きくそらすことにしましょう。

では、具体的に話の抑揚に合わせるとはこういうことです。

例えば初めて出会った女性でこういうシチュエーションがあるとします。

男:「〇〇さんはテニスが趣味なんですね!僕も好きですよ!よくどこでやりますか?? 」

女:「よく千葉の船橋付近でやりますよ!〇〇さんはどこでやられますか?」

男:「僕はそうだな僕も千葉の柏付近でやってますよ!」

こういうシチュエーションでいうと、「そうだな…」といった感じで、一瞬考えるフリをして、じっと相手の目を見続けるのも変なので、あえて目線を逸らしてから、相手の目を見て「千葉の柏付近でやってますよ!」と話すのです。

つまり、会話の中で重要でない部分を話す時は目線を逸らし、相手に伝えたい重要な部分を話す時は相手の目を見て話すようにしています。

 

このように、話の強弱に合わせて相手の目を見たり、目線を逸らしたりするように意識すると、それがいつの間にか自然とできるようになり、異性の目を見るということが自然にできるようになります。

異性の目を見て話せないという人は、「相手の目を見て話さなきゃいけない」、「相手に不信感を与えないようにしたい」という緊張感で話せなくなるだけです。

相手の目を適度に見て、自然に話せるようなコツさえ掴むことができればいつしか克服できるのです!

最初は難しいかもしれませんが、次第に慣れてくるので、徐々にでも大丈夫ですので実践してみて下さい!

太一
なるほど。話の抑揚とは、話の流れに合わせて重要なポイントを話すときに上手に女性の目を見るといいんだな。つまり、ずっと女性の目を見なくてはいけないと思うから失敗するのであって、話の流れに合わせて女性の目を見ればうまくいくわけだ!
安藤
そうだね!常に相手の目を見ようと思っても誰でも緊張しちゃうよ!それなら、話の流れに合わせて重要な部分だけ目を見ればうまくいくのさ!
Pocket

今回の記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします

婚活ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いたって普通のアラサーサラリーマン。 身長162センチ、中肉(太りやすい体質)、脂性肌で、決してイケメンとは程遠い顔面にも関わらず、様々な婚活を通して多くのデートをしてきた。この体験を世の独身男性に送る。