女性を好きになりすぎで優しすぎると、逆に付き合えないのはなぜ?

Pocket

あなたにはすごく好きな女性がいて、その女性に対して優しくしても、何か親切なことをしてあげても、なぜかなかなか付き合えないという経験はありませんか?

実は、優しい男がモテるというのは一般論であって、優しい男の誰しもがモテるというわけではないのです。

女性に優しくしすぎると、付き合いたい女性と付き合えないという皮肉な矛盾

結論から言いますと、優しすぎたり尽くしすぎたりする男というのは、付き合いたいと思う女性と逆に付き合えなくなるのです。

まさかと思うかもしれんが、これが皮肉なことに優しくしすぎると逆に付き合うことを難しくしているという事実があります。

 

「良い人止まり」

「友達としては良い人なんだけど…」

 

と、よくこんなことを聞いたことはありませんか?

 

そう。女性に優しくしすぎると、良い人止まりで終わってしまい、男として見られなくなってしまうのです。

あなたももしかしたらそういう経験があるかもしれませんが、そこを改善していけば徐々に女性から好かれるようになります。

徐々に改善していって、女性にモテるスキルを向上させていきましょう!

 

というわけで今回は、多くの男性が好きになった女性を目の前にしてよくやってしまう「優しくしすぎてしまう」というありがちな罠を改善していく話をしていきます。

じゃあ、どうすればそれを改善していけるかも書いていければと思います。

「優しい男の人が好き」そんなのみんなそうです

女性に好きな男性のタイプを聞くと十中八九このような答えが返ってきます。

「優しい人が好き」

そこであなたに思って頂きたくないのはこうです。

「そうか!じゃあ、女性に対しては優しくしよう!」

 

しかし、考えてみて欲しいのです。

女性に優しくない人っていますか?

大抵の人は優しいですよね。

つまり、女性に優しくしたところで、あなたは何のスキルも使えていないのです。何の武器も呪文も使えていないのと一緒で、生身で戦っています。

 

綺麗で可愛い女性であればあるほど優しくされることに慣れています。

そこでただ単に男性に優しくされても何も響きません。あなたに感謝の気持ちを述べてそれで終わりです。

 

それどころか、あなたが彼女に好かれたくて優しくしていると見透かされるのです。

「彼、私に対して好意があるのね。だからこんなにも私に優しくするのね。」

と思われます。

この感情に彼女からあなたに対しての好意の感情はありません。

ただ、あなたが彼女に対して好意があるということがバレただけで終わっているのです。

 

それにも気付かず、好きな女性に対して優しくすることを続けたり、尽くしすぎたり、無理に彼女の意見に合わせたり、彼女のいる方について行ったりすることは、あなた自身の個性をなくし、あなたの男としての価値をどんどん下げていくことに繋がるのです。

つまり、その時点で彼女から見たあなたは男としての価値がないから、良い人止まりで終わってしまうのです。

いつも優しくしていると、「優しいだけのあなた」となってしまい、彼女からしてみたら何のメリハリもなく刺激もない男です。

そんな男、女性から見て魅力的ですか?

女性に好かれたいがあまり、優しくしすぎることは逆に自分の個性を殺していることに繋がり、女性と付き合えないという負のスパイラルに陥っているのです。

 

ただ、世の中にはそういう男性が多くいることが事実です。

多くいるからこそ、あなただけのスキルや武器を手に入れれば女性と付き合うということを攻略をできると思いませんか?

女性は好かれることで満たされる

女性に優しくしすぎて上手く行くパターンは2パターンです。

・女性側が折れて付き合ってくれる

・女性もあなたのことが好き

これだけです。

 

女性に好きだ好きだと押しまくって成功するのは山本耕史と堀北真希のようなごく稀なパターンです。

何度も何度もフラれてそれでも心が折れなかった山本耕史に軍配が上がったと言ったところでしょう。

しかしこれは一歩間違えれば女性に嫌われる危険性さえも持っています。

 

あと一つは女性側もあなたのことが好きなパターンですが、そもそも女性もあなたのことが好きだったらあなた自身がそこまでアピールすることもありませんよね?

女性側から優しく接してくれます。

 

ということで先程も言ったように、女性に優しくしすぎたところで成功するパターンはほとんどありません。

それどころか女性というのは優しくして自分が「好かれている」と感じた瞬間に心が満たされてしまうのです。

その時点で女性の心は満たされてしまうので、2人の関係はそれまでです。

結果、「良い人止まり」で終わってしまいます。

 

「良い人止まり」で終わってしまうのは、彼女が「あの人、私の事好きなんだわ。フフフ。」と思い、彼女のほうが恋愛において精神的有利な状況に立つことが出来てしまいます。

恋愛とは追われる方が追う方よりも有利に立つことができるので、好きになりすぎて優しくしすぎると追う側の立場になってしまい、結果好きな女性と付き合うことが難しくなるのです。

好きになった女性との付き合い方!

女性に優しくしすぎると付き合うことが出来ないということが分かった今、いったいどうすれば女性と良い関係になれるのでしょうか?

ここを改善していくことによって今までとは違う自分になることができ、これからの女性との付き合い方が変わってきます。

女性にこちらの好意を見せるな!

結論から言いますと、女性にこちらの好意を見せるなということです。

女性に優しくしすぎると、こちらからの好意がバレバレとなり女性を満足させてしまって付き合えないというのなら、こちらからの好意を見せず満足させないというのが結論です。

優しくしすぎるとこちらが好きだということがわかってしまうので、「あの人は私のことをどう思っているんだろう?」と思われるくらいが丁度いいのです。

 

女性に優しくしすぎるということは、言い換えれば「必死感」が滲み出ているということです。

その必死感があなたの男としての質を下げ、意中の女性から自分を遠ざけている結果となります。

 

優しくするときも必死感を出さずにさり気なく、会話をするときも真面目に話すのではなく冗談をほのめかすように会話します。

その繰り返しによって彼女は、あなたが自分のことをどう思っているのかが気になるようになり、その気持ちが徐々に好きに変わっていくのです。

 

好かれようとするあまり全力で優しくすることが逆に彼女を遠ざけ、好きな女性にあえて冗談をほのめかすように接することによって距離を縮めるということを覚えておいてください。

彼女があなたのことをミステリアスに感じるそのドキドキ感こそが、彼女の恋心に繋がるように仕向けるのです。

テクニックだけではなく、男としての魅力を磨け!

今回は付き合いたい女性に対してしてはいけないことと、惹き付ける為のテクニックをお伝えしました。

付き合いたい女性に優しすぎるのは必死感が出てよくありませんが、あなたが本来男としての魅力が高ければ、既に彼女の心はあなたに向いているので、優しくしすぎようが何しようが付き合うことができるわけです。

 

つまり何が大事かと言いますと、「男としての魅力」を日頃から引き上げ、女性を魅了する男になることが重要なのです。

男としての魅力とは、女性が惚れる男の特徴でもあります。

仕事ができる男、清潔感のある男、素直な男、自分の時間を大切にしている男、綺麗な靴を履いている男、体の引き締まった男、笑顔が素敵な男、誰に対しても分け隔てなく接する男。

これらは全て女性にモテる条件です。

結婚を意識している女性というのは、少しでも優秀な男と結婚したいという気持ちかありますので、最終的にはこういう男を選びます。

つまり、今回は女性に優しくしすぎてはいけないというテクニックを伝えましたが、それ以上に本来の男としての魅力を上げることも非常に重要だということです。

 

色々と実践するのは難しく、多くのことをやっていくのは大変かと思いますが、今回学んだこともそのうちの1つだと思い、1日1日改善していけば大丈夫です。

焦らず徐々に女性にモテる努力をしていけばきっと少しずつ人生が好転していきます。

 

ちなみに、モテる努力をすると徐々に人生が変わってくるという記事をこちらに書きました。

本気で結婚を前提に彼女がほしいと考えているのであれば、1度目を通してみてください。

モテる努力を継続すると徐々に人生変わります

2019年12月15日

女性には優しくしすぎず、興味を持ってもらえるように

今回の記事は女性に優しくしすぎると逆にモテなくなるという内容を話しました。

よくギャップのある男が好きだという女性の意見を聞いたことはありませんか?

そのギャップというのもまさにこれに関連しています。

 

見た目が悪そうな男なのに、女性にちょっと優しく見せるだけでモテてしまうということもこれが関係しています。

もしあなたの見た目が優しそうなのにさらに女性に優しくすると、普通中の普通であって、その優しさはあなたにとって何の得にもなりません。

女性からは感謝の言葉を言われるかもしれませんが、女性の心はそれで満足してしまい、その後の発展はありません。

 

あからさまに好意を見せるのではなく、冗談を言う程度にしておいて、自分の事をどう思っているんだろう?と女性の興味を惹き付けるように接しましょう。

あなたへのその興味が徐々に恋心に変わっていくことと思います。

それと同時進行で、男としての魅力を引き上げる努力も行いましょう。

Pocket

今回の記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします

婚活ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いたって普通のアラサーサラリーマン。 身長162センチ、中肉(太りやすい体質)、脂性肌で、決してイケメンとは程遠い顔面にも関わらず、様々な婚活を通して多くのデートをしてきた。この体験を世の独身男性に送る。