婚活パーティーにおけるカップリングのアルゴリズムについて【自分は誰とカップルになる?】

Pocket

今回は婚活パーティーにおけるカップリングタイムのアルゴリズムについて解説していきたいと思います。

正直この記事は私の憶測も入っています。万が一間違えていたとしても指摘しないでくださいね!(笑)

しかし、こちらを読んで頂ければ婚活パーティーの際にカップリングできる確率が上がるかもしれません。

そう願って私の経験を書こうと思います!

婚活パーティーのカップリングタイムとは

もうすでにあなたが婚活パーティーに行った場合はご存じだと思いますが、婚活パーティーというのは最後にカップリングタイムがあります。

カップリングタイムとは当日のパーティーで印象の良かった男女同士がカップル成立として発表されることです。

あくまでそのパーティーでのカップリングなので付き合うということではありませんが、当日の印象の良かった男女同士が結ばれて一緒に帰れるということになります。

カップリングの仕組みとは(アルゴリズム)

私は婚活パーティーに参加していて不思議に思ったことがあります。

 

それはカップリングの仕組みについてです。

 

例えば6人の男女がいるとします。

あなたは自分のことを「A男」と置き換えて読んでみてください。

◆パターン1

【A男(あなた)、B男、C男、D子、E子、F子】

それぞれの希望はこちらです。

A男(あなた):第一希望 D子、第二希望 E子、第三希望 F子

B男:第一希望 E子、第二希望 D子、第三希望 該当なし

C男:第一希望 F子、第二希望 E子、第三希望 該当なし

D子:第一希望 B男、第二希望 A男、第三希望 該当なし

E子:第一希望 A男、第二希望 B男、第三希望 C男

F子:第一希望 A男、第二希望以下、該当なし

となった場合に、私の予想ではこのようなカップリング結果となると思うのです。

【3組のカップルが成立】

A男(あなた)♡(第三希望だった)F子

B男♡D子

C男♡E子

 

6人いるので、最大3組のカップルが出来上がることになります。

参加者としても、カップルにならないよりかはカップルになって帰ってもらったほうが確実に満足度の高い婚活パーティーになると思います。

そういうことを当然主催側も考慮してくれるはずです。

 

 

まず、F子に関してはA男(あなた)一択です。(他の男には見向きもしません笑)

F子とA男が結ばれないと、F子はカップル不成立となってしまいます。ということは、F子は優先的にA男(あなた)とカップル成立という結果となります。

あなたもF子を(第三希望ではありますが)選んでいますのでカップルが成立します。

 

続けてC男に目を向けましょう。

「C男とカップルになっても良い」と言ってくれている素晴らしい女性(笑)はE子だけです。となれば、C男とE子も必然的にカップルになります。

 

最後は消去法でB男とD子がカップルとなります。

 

 

 

しかし、ある疑問点が…

しかし私はここである疑問に気づきました。

 

A男(あなた)はあくまでもF子が第三希望であるということです。

F子は良かったかもしれませんが、A男(あなた)からしてみたら確かにカップリングはしたけれど、第三希望の女性なのでちょっと残念ですかね。

もう少し良い結果だったら良かったかもです。(F子に失礼かな?笑)

 

じゃあ仮に、A男(あなた)がF子を指名していなかったらどうなっていたでしょうか。

◆パターン2

A男(あなた):第一希望 D子、第二希望 E子、第三希望 該当なし

B男:第一希望 E子、第二希望 D子、第三希望 該当なし

C男:第一希望 F子、第二希望 E子、第三希望 該当なし

D子:第一希望 B男、第二希望 A男、第三希望 該当なし

E子:第一希望 A男、第二希望 B男、第三希望 C男

F子:第一希望 A男、第二希望以下、該当なし

A男(あなた)の第三希望だけを該当なしに変更しました。その他の人に変更点はありません。

A男(あなた)一択だったF子ではありましたが、A男(あなた)にその気がないということでF子はカップル不成立が確定となりました。

 

じゃあA男(あなた)は誰とカップルになるのでしょうか。

 

A男(あなた)の第一希望と第二希望を見てみましょう。

第一希望はD子で第二希望はE子ですね。

それでは第一希望のD子を見てみましょう。

 

D子の第一希望はB男、第二希望でA男ですね。

D子の第一希望はA男ではなくB男でしたのでA男(あなた)のカップリングは一旦保留にしておいて、B男を見てみましょう。

 

B男の第一希望はE子、第二希望はD子です。

なかなか第一希望同士がいませんね(笑)

次はB男の第一希望、E子を見てみましょうか。

 

E子の第一希望はA男、第二希望はB男、第三希望でC男です。

みごとに「A男、B男、D子、E子の四角関係」ができあがりました(笑)

この4人が居酒屋で飲んだりでもしたら喧嘩になりそうですね(笑)

ちょっとC男が蚊帳の外で可哀そうですが(笑)

 

それでは最後にC男を見てみましょう。

第一希望がF子、第二希望がE子です。

F子はC男のことが眼中にありませんから(笑)、F子とC男のカップリングはあり得ません。

じゃあ、C男を第二希望のE子とカップリングさせてもいいのでしょうか。

 

 

もしそうすると、ここでも疑問点が発生します。

F子はカップリングなし。E子はC男とカップリングいう状況が出来上がると、

女性で唯一残ったD子は第一希望であるB男とカップリングになるのか、A男の第一希望を優先に考えてA男とD子をカップリングさせるのか。

はっきり言ってこういうシチュエーションになった場合、こればかりはどうやって主催者側のスタッフの方が決定しているのかはわかりません。おそらく女性側の満足度を優先して、D子とB男をカップリングさせると思うのです。

 

少し話を戻してC男とE子に戻りましょう。

あくまでE子はC男を第三希望としています。どちらかと言えば、A男かB男とカップリングするのがいいはずなのです。(C男、ごめんね笑)

E子がこのままC男とくっついても、あくまで第三希望なので、将来うまくいくかどうかはわかりません。

 

と考えると、E子の第一希望を優先してA男(あなた)とカップリングさせます。

A男(あなた)はE子を第二希望にしているので、第二希望の女性とカップリングした素晴らしいパーティーだったと言えると思います。

残ったB男とD子もカップルになります。

 

そうするとパターン2の最終的なカップリングはこちらです。

【パターン2では2組のカップルが成立】

A男(あなた)♡(第二希望だった)E子

B男♡D子

※C男とF子はカップル不成立

見事、A男(あなた)は第二希望のE子とカップリングしました。

A男(あなた)がF子を指名しなかっただけで、6人の運命が大きく変わりましたね。

もしかしたら、こうした1つ1つの決断で未来って変わっていくのかもしれませんね(大袈裟か!笑)。

 

 

しかし、さらに、さらに、ここでもある疑問点が…

もし仮に、A男(あなた)がE子もF子も指名していなかったらどうなっていたでしょうか。

◆パターン3

A男:第一希望 D子、第二希望以下、該当なし

B男:第一希望 E子、第二希望 D子、第三希望 該当なし

C男:第一希望 F子、第二希望 E子、第三希望 該当なし

D子:第一希望 B男、第二希望 A男、第三希望 該当なし

E子:第一希望 A男、第二希望 B男、第三希望 C男

F子:第一希望 A男、第二希望以下、該当なし

A男(自分)の第二希望だけを該当なしに変更しました。その他の人に変更点はありません。

ここでもA男(あなた)一択のF子はカップリング不成立が確定です。

なぜなら当然、A男(あなた)がF子を選んでいないからです。

 

さて、A男(あなた)は第一希望のD子と結ばれるのでしょうか。

 

D子は私を第二希望に選んでいますよね。

そうです。

つまり、A男(あなた)は晴れて第一希望のD子とカップリング成立が決まるのです!

なぜなら。

A男(あなた)は女性をD子しか指名していません。

つまりA男(あなた)はD子以外の女性とはカップリングできないので、優先的にD子とのカップル成立が決まるのです。

 

残った女性、E子は、第一希望のA男(あなた)がD子とカップリングしていますので、第二希望のB男とカップリングということになります。

 

パターン3の結果はこうなります。

【パターン3でも2組のカップルが成立】

A男(自分)♡(第一希望だった)D子

B男♡E子

※C男とF子はカップル不成立

最終的なアルゴリズムのまとめ

パターン1:※A男(あなた)は全ての女性を指名した

【3組のカップルが成立】

A男(あなた)♡(第三希望だった)F子

B男♡D子

C男♡E子

パターン2:※A男(あなた)は第二希望まで女性を指名した

【2組のカップルが成立】

A男(あなた)♡(第二希望だった)E子

B男♡D子

※C男とF子はカップル不成立

パターン3:※A男(あなた)は第一希望の女性だけを指名した

【2組のカップルが成立】

A男(あなた)♡(第一希望だった)D子

B男♡E子

※C男とF子はカップル不成立

この結果からわかることはつまり…

 

あなたが「どうしても本気でカップリングしたい!」という女性がいる場合、その人だけを単独指名すると、本命とカップリングする確率が上がる可能性が大きいということです。

 

ただその一方で、例えば今回で例えますとD子がA男(あなた)のことを指名しておらず、A男(あなた)がD子だけを指名していたとしたら、A男(あなた)は誰ともカップリングしていなかったということになります。

 

つまり…

 

1人だけを単独指名するという荒業は、「誰ともカップリングしないリスクも十分にあり得る」ということも考えられます。

婚活パーティーにおけるアルゴリズムの研究結果の最後に

選択する女性によって、その場にいる全員の運命が変わるということは、大袈裟かもしれませんが本当にあると思います。

そういえば余談ですが、「素敵な選タクシー」というバカリズム脚本のドラマがあります。それも日常で選ぶ選択肢によって人生が変わるという不思議な話でとても面白いですよ。

 

このアルゴリズムは私が長年婚活パーティーに100回以上も行って行って行きまくってカップリングタイムを何度も何度も体験してきた経験から独自に導き出しています。

 

何か違う点があったとしてもクレームは言っちゃダメよ♡

最終的には己の決めた道を進む。

それが男ってもんですから。

↑なんか、カッコいい!?

 

それじゃあ、また!!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日祝日休み・趣味はゴルフ、野球観戦といった絵にかいたようなサラリーマンです。見た目は低身長・脂性肌・太りやすい体格・決してイケメンではない外見ですが、有村架純に似た5歳年下の美女と結婚しました。今では子どもも生まれて幸せに暮らしています。 ではいったいなぜそのような結婚をすることができたのか。それは独身時代に【あること】をしたことがきっかけでした。 その【あること】とは一体… その秘密をこのブログで無料公開しています。