結婚こそ、自分を成長させる人生のターニングポイントである

Pocket

人生には3つのステージがあると、私は思っています!

 

1つめは、産まれてから結婚するまで。

2つめは、結婚をしてから定年するまで。

3つめは、定年後の人生。

 

結婚とは、まさに人生の第2のステージです!

 

今までは親に養ってもらいました。

学校にも行かせてもらい、塾にも行かせてもらいました。

部活もやらせてもらい、必要な物は買ってもらいました。

分からないことがあれば教えてもらい、常に助けてもらってきました。

 

今までは何か困ったことがあれば、親や兄弟に頼り生きてきましたが、これからは自分が一家の大黒柱となり、大切な人を養っていくべきだと思うのです。

 

なかには結婚をしない人もいます。

その人が一生最初のファーストステージかというと、もちろんそうではありません。

 

成人になれば当然働くことになりますし、お金を稼ぐことになります。

親が高齢になって助けが必要になったときは、助けてあげます。

自分自身の力で稼ぎ、今まで大切にしてくれた人に恩返しをするのは、結婚をしなくてもできます。

 

しかし、愛する人の一生を背負って行くということは、結婚をしなくてはできないことです。

ましてや、今まで自分が育ててきてもらったように、誰かを育てる楽しみ、大変さを感じることは、結婚をしなくては不可能なのです。

つまり結婚とは、「自分が変わる、成長する第2のステージ」だと思っています。

 

ある日の新聞で若い男女が結婚についてこう話していました。

「結婚とはわくわくドキドキする新しいステージ」

だと。

 

今はスマホ社会であり、自分の分からないことや、調べたいことはなんでもスマホで調べることが出来るのです。

例えば、ハワイ旅行に行きたいけど、現地ではどこに行けば良いか、どこの旅行会社で予約するのがいいのか、お土産は何がおすすめなのかなど、調べれはなんでも出てきます。

都内で美味しいレストランはどこかということや、人気のある美容院はどこかということも、なんでも調べられます。

 

情報の速さや正確さによって、人が行動できる範囲が広がり、リサーチするスピードも上がっています。

つまり、これらの情報を駆使して、20代でやりたいことをやり遂げる男女が増えているというのが現状です。

 

そして、若い世代がまだやり遂げてないこと。

 

それが「結婚」なのです。

 

彼らは結婚を「何かを縛るもの」という捉え方はしていません。

夫婦でしか出来ないことができること、家族でしかできないことがあるという、新しい何かができる次のステージだという捉え方をしています。

例えばそれは、お互いの実家に遊びに行くこと、親を安心させてあげること、家族ぐるみの付き合いでどこかに出かけること、夫婦2人で一緒に暮らし毎日一緒にご飯を食べて、買い物に出掛けることもそうです。

 

子どもができることもそうです。

子どもを育ててミルクをあげたりオムツを変えてあげること、幼稚園や小学校に通わせること、スポーツを教えてあげること、進路相談に乗ってあげること。

 

これらは全て家族ではないと出来ないことです。

 

今の情報化社会で、なんでも不自由なくスピーディーに生活できるようになりましたが、家族を作ることや子どもを育てることというのは結婚をしないと成り立たないことです。

自分が家族を持つということは、ネットで調べたり、想像するだけでは決して体験出来ません。

実際に現実とならないと分かりえないことなのです。

 

マッチングアプリや婚活アプリの利用者は、SNSを活用して登録できること、安全性の向上で、非常に増えてきました。認知度も高く、マッチングアプリを知らない人はいないほどです。

その現状に比例し、結婚をする人も増えてきました。

 

社会では、「少子高齢化」という言葉が世間を賑わしていますが、人というのは誰かと繋がっていないと生活ができないのです。

誰かに頼らずにはいられません。

今独身の人であっても潜在的には結婚を望んでいる人が多いという状況が考えられます。それがマッチングアプリや婚活アプリ利用率の上昇に繋がっています。

 

あなたは何か生命保険などには入っていますか?

今入っていない人でも、結婚をするとそういうことも考える必要が出てきます。

自分が倒れたらどうしようとか、将来の年金だけじゃ不安だから個人年金にも入ってみようかとか、そういうことを考えるようになります。

独身の間はそういったことを考えないですよね。自分1人で生きて行くことだけで精一杯です。

 

住む場所もそうです。

一生賃貸でいいのでしょうか?定年退職後も家賃が払えるでしょうか?今のうちに家を買って、ローンを払って、退職金で完済したほうが経済的です。

家賃というのはお金を捨てているのと同じです。誰かにお金を支払っているだけで、その部屋は自分のものにはなりません。

 

結婚をすると、自分にも周りにも本当に色々な変化があります。

今まで親や自分1人で生きてきたのとは違い、周りの人のことを本当に大切にして生きて行くようになります。

今まで育ててくれた親に感謝したり、奥さんのことを大事にして早く家に帰るようになったり、子ども中心の生活になったり。

自分だけではなく、誰かを大切にしながら生きて行くことになります。

 

そうすることによって、人の気持ちがわかるようになり、人に優しくなります。

新たな楽しさや喜びを知り、今まで見てこなかった世界が見られるようになります。

 

これが「わくわくドキドキする新しいステージ」っていうものですね!

 

潜在的に結婚を求めている人はこのような未来を期待しているのです!

結婚をすればそれが一つ一つ現実になります。

 

最初の1歩は大変かもしれませんし、難しいかもしれません。

でも、希望溢れる未来や将来の奥さんのために、勇気を出して婚活してみませんか?

結婚とは自分が成長する人生の分岐点ですよ!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日祝日休み・趣味はゴルフ、野球観戦といった絵にかいたようなサラリーマンです。見た目は低身長・脂性肌・太りやすい体格・決してイケメンではない外見ですが、有村架純に似た5歳年下の美女と結婚しました。今では子どもも生まれて幸せに暮らしています。 ではいったいなぜそのような結婚をすることができたのか。それは独身時代に【あること】をしたことがきっかけでした。 その【あること】とは一体… その秘密をこのブログで無料公開しています。