MerryX’mas !

Pocket

昨日クリスマスイブ、本日はクリスマスですが、皆様いかが過ごされましたでしょうか。

クリスマスって街はイルミネーションで綺麗に彩られますし、クリスマスの音楽って素敵ですし、すごく好きな季節なんですよね。

 

そんな中私は妻と恵比寿に行き、ディナーをしてきました。

ひと昔前(大学時代と社会人なりたての頃)はこんな素敵なクリスマスが過ごせるなんて思ってもいませんでした。モテなかったあのときが懐かしいです。

 

クリスマスでのディナーとは、都内で駅近、コース料理で10,000円前後のリーズナブルな価格帯という好条件ですと、クリスマスが近づいてくるにつれて予約が取りづらくなるのですが、今回は1ヶ月前にはお店に予約したので、すんなりと行くことができました。

 

 

今回予約をしたのは、イタリア人シェフが料理を作り、サーブもイタリア人で行われる本格イタリアンです。

 

乾杯は甘さ控えめのシャンパンです。

前菜にはサーモンと卵のキッシュ、次にトスカーナサラミとチーズの盛り合わせを頂きました。

 

さらにお次は野ウサギのボロネーゼ風本格パスタを頂きました。

ウサギを食べるのは初めてでしたが、豚肉と鶏肉の間の食感で非常に美味しく頂きました。

 

料理と料理の合間につまむパンは当然食べ放題です。

(食べ放題だからといってがっつくのは大人の男としてどうだろうという疑問が残りましたので、ここではつまむ程度にしました笑)

 

私は食事中に写真を撮ることがあまり好きではないので、前菜2つとパスタは撮っていませんが、メインディッシュとデザートは記念に写真に残しておきました。

↑クリスマスらしくメインディッシュは牛ほほ肉の赤ワイン煮です。

お肉の塊なので硬いのかと思いきや、とろっとろでナイフを入れるとホロホロと切れていきます。

口の中に入れた瞬間噛まずにとろけていきます。

 

こういう料理って家ではなかなか作れないですよね。

圧力鍋があっても、ソースが作れないので、家庭で食べるには非常にハードルが高いです(^^;

彼女や嫁さんが一緒にいるからこそできる食事ですね。

 

一緒に合わせるドリンクはイタリアンビールのモレッティです。

こういったお店でクラフトビールを頼むと、ビール瓶のラベルを見ることができますし、グラスも専用のものが出てきます。

これを見るのが本当に楽しいんですよね。

モレッティはスーパーにはなかなか売ってないビールで、ボディ感が強くてハーブや熟した洋梨のようなフレーバーが香ってきて、お肉との相性がとても良いマリアージュでした。

↑デザートはコーヒー風味の生クリームを合わせて頂くシュトーレンでした。

コース料理のデザートってだいたい大きさが控えめなんですが、この日のデザートは量が多く食べごたえがありました笑

生クリームの甘さが控えめでカフェオレと最高の相性でした。

 

コース料理を食べて大満足をした後は、散歩がてら恵比寿ガーデンプレイスの巨大なツリーを見に行きました。

行った時間帯は夜の10時頃ということで遅かったのですが、やはりこの時期はカップルが非常に多かったのが印象的です。

 

 

クリスマスは外で過ごすのもいいですが、温かい部屋で過ごすのもいいものですね。

次の日は軽くホームパーティーをしました。

↑スーパーで綺麗に盛り付けられているお寿司を買ったり、

↑サーティーワンでスヌーピーのアイスケーキを買ったりもしました。

スヌーピーとウッドストックがとても可愛いですよね!

↑特に誰も誕生日という訳ではありませんが、アイスケーキにろうそくが付いてきたので、火をつけてみました笑☆

雑貨屋で買ったトナカイの置物も一緒に写真を撮り、クリスマス気分満載です♪

↑あとは、いちごを2つに切って生クリームで顔と帽子のポンポンを作り、チョコペンで表情とボタンを書けば可愛いサンタ風のキャラクターの完成です☆

夕飯を食べたあとはこんなことをして遊んだりもしました☆

 

今の奥さんと結婚をする前は、クリスマスに彼女を喜ばせる為にサプライズでホテルやクルージングを予約したりしたものです。

そして今の奥さんが彼女になる前は、素敵なレストランを予約して、告白するお店に使ったものです。

ちなみに告白をすると決めたのはクリスマス直前だったので、レストランの予約がなかなか取れませんでした。そうすると値段の高いお店しか残ってないんですよね(^^;

告白に使ったお店は2人で45,000円でした

でもそのお店で告白をした女性が今の奥さんです。

 

 

彼女も好きな女の子もいないときは、家族に色々と思われたくもないので、わざと1人で外の街に遊びに行った時もあります笑

 

それも今はいい思い出です。

今は奥さんがいて、2人で相談しながらクリスマスの予定を立てることができますが、奥さんになる前はサプライズの為に1人で色々と考えたものです。

 

クリスマスって男性が1年の中で最も男を見せられるとても大きなイベントだと思うんですよね。

そのイベントで上手くいくときもあれば、失敗する時もあります。

 

でも、そういう風に誰かの為に頑張ったり、誰かと一緒に素敵な時間を共有したいと思うことってすごく大事なことだと思うんです。

それが大きな経験になりますし、たとえ失敗したとしても、次に同じ失敗をしないようにすればいいだけです。

 

クリスマスだけではないですが、そういうイベントで女の子の為に努力することは男を磨くいいきっかけになると思います。

言い換えれば、「男をあげる」ことに繋がります。

 

どんなに、良い服を着たり、良い靴を履いたり、髪型をオシャレにしても、女性と上手く付き合えるとは限りません。

女性が行きたいところに連れて行ってあげて、したいことをしてあげて、会話のキャッチボールが上手くできて、上手にエスコート出来るようにならなければ、彼女を作ることやその先の結婚も難しいのです。

 

よく、常に彼女のいる人や結婚している人っていうは、営業ができる男だと言うこともありますが、それは本当にその通りです。

話術や振る舞いが上手で、女性の心を掴むことができるから、その人と同じ会社にいる男性を口説くことにつながるのです。

そうする相手が男性であっても同じです。

 

人に対する振る舞いが上手な人は、誰に対しても上手に振る舞うことができます。

 

 

クリスマスという大きなイベントはもう終わってしまいますが、次は初詣、その次はホワイトデーと、イベントは次々とあります。

それらのイベントを活かして、男をひとつ、またひとつと上げてみてはいかがでしょうか☆

きっと素敵な未来に繋がりますよ☆

Pocket

今回の記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします

婚活ランキング
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いたって普通のアラサーサラリーマン。 身長162センチ、中肉(太りやすい体質)、脂性肌で、決してイケメンとは程遠い顔面にも関わらず、婚活パーティーでは成功率約70パーセントを誇る、自称「恋愛マスター」。