結婚に対するモチベーションを保つ方法

Pocket

太一
なぁ、安藤さん。婚活をしていて、モチベーションが落ちたことってないか?俺ももう30だからさ、結婚しないとって考えてから結構経ってて。可愛いと思った女の子に彼氏がいるって気付く度にモチベーションが下がったりするもんだよ。
安藤
なるほどね!もちろん、結婚に対するモチベーションが下がることってあるよ!そういうときは一旦自分をリセットして考えてみるんだ!よし!そしたら今日はその辺について一緒に考えてみようか!

今回は、結婚や婚活に対するモチベーションが下がったときについてを考えていきます!

そういうときはいったいどうすればいいか、もう一度モチベーションを上げるには何が必要かを考えましょう!

誰だって悩むもの!心配は無用!

婚活をしていて、モチベーションが下がることってありますよね。

婚活パーティーに行って可愛いと思った女性が他の男とマッチングしてしまったり、マッチングアプリで知り合った女性とせっかく出会ったのに上手くいかなかったり…

そうこうしているうちに何となく「自分って結婚出来ないんじゃないか」とか「自分は女性にモテないんじゃないか」とか余計なことを考えてしまうものです。

しかし!

それって誰にでもあることなんですよ!

誰だって、可愛いと思った人と必ず上手くいくわけないですよね。誰だって知り合った女性と必ず付き合えるわけではありません。そんな都合の良い世の中だったら婚活パーティーもなければマッチングアプリもありません!笑

誰だって恋愛や婚活に悩むものなのです。心配はいりませんよ!

結婚をしたい理由って何!?

とは言え、一度好きになった女性と上手くいかなかったり、婚活パーティーでことごとく敗北を味わうと何となく気分が落ち込んで婚活に対するモチベーションが下がってしまいますよね。そんなときは一旦、自分が結婚したい理由を考えて落ち着いてみましょう!

例えば私だったら、結婚したい理由は2つありました。

1人で生きて行くと、老後も1人!?

1つめは将来を考えたときに1人で生きていくのは嫌だったからです。1人で生きていくということはこういうことです。

40、50になっても一人暮らし、誰のために働いてお金を稼ぐわけでもなく、家に帰っても常に一人。

家に帰った時に「ただいま」と言っても誰からも返事はなし。

食事は誰にも作ってもらえず、いつも外食をするか弁当を買うことに。

それを繰り返すうちに、ぶくぶくと体重だけは増えるが誰からも心配はされず。

その結果、健康診断ではいつも再検査。最悪、手術を受けることに。

定年まで働いたとしても、老後一緒に自由を謳歌してくれる人は誰もおらず。

最終的には子どもも作らず、老人ホームで1人で人生の最後を迎える。

太一
うわっ、まじか。1人で暮らしていくということはこういうことなんだな。何だか悲惨な人生が待っているようだ。
美波
そうよね。1人で生きていくには限界があるわ!それに、孤独な老後が待っていそう!

そう、1人で生きていくには限界があり、孤独な老後が待っています。

やっぱり人生って自分1人で生きていくわけではなく、誰かと一緒に生きていきたいですよね。誰かのために働き、誰かと一緒に喜びを分かち合い、誰かと一緒に苦楽を共にする。それが生きていく意義だと思うのです。

それに加え、1人で生きていくには生活水準にも限界があります。

いつか結婚するかもしれないなどと考えると思い切って家も買えませんよね。つまり、一生賃貸暮らしです。それって、働いているときはいいですが、65を過ぎてからどうしますか?

65までずっと同じ会社で働いて、厚生年金をかけた後に貰える年金って定年後は20万弱です。

それに対し、老後に必要なお金って月に24万ほどかかると言われています。それについてはこちらをご覧下さい。

その中には家の家賃って入っていませんよね。もし賃貸暮らしで家賃が必要な場合はもっとお金がかかることになります。もし一生一人暮らしでマイホームを買わなかった場合、そのお金が払えますでしょうか?なかなか払えませんよね。

そのためにも、家族を作り、マイホームを購入することって本当に重要なのです。

子どもと一緒に成長したい!

結婚をしようと決めた2つ目の理由としましては、子どもと一緒に成長したったからです。

よくこんな事を聞くことがあります。

「子どもを育てたことがない人は、1人前の社会人になれない」

賛否両論あると思いますが、私はその通りだと思います。

自分が50を過ぎたとき、会社に息子ほどの年齢の部下が入ってきたときは、子どもを育てたことがある人って子どもの気持ちが分かると思うんですよね。今どきの子どもがどう考えているかとか、どう接すればいいかとか。

もし結婚をせずに子どもがいないとなると、若者の気持ちにも鈍感で、きっと会社で浮いてしまうと思うんです。

自分はそうなりたくはありませんでした。

さらに私はもともと子どもが好きなので、一緒にキャッチボールをしたいとか、一緒に公園に遊びに行きたいとか、そういう願望があります。子どもの成長とともに自分も成長したかったのです。

こういう理由があって、一生懸命婚活をしました。

行き詰まったとき、どうリセットするか

今回は、婚活に対するモチベーションが下がったときにどうリセットをするかについてが1番大事な話です!

私のリセット方法がありますので、もしよかったら真似してみて下さいね!

趣味に没頭してみる

1つ目の考えとしては、1度婚活のことは忘れて趣味に没頭してみてはいかがでしょうか?

私の場合はランニングが趣味ですので、よく家の近くの公園まで走りに行きました笑

その時間って色々忘れられるんですよね!

仕事の事とか、恋愛の事とか!

そして公園まで辿り着いて少し公園の中を歩いてみるんです。花を見ながらとか、遊んでいる子どもを見たりとか。そして少し時間が立ったらぼーっと座ってみるのです。

そうしているうちに悩んでいることとかが色々とリセット出来て、また新たに頑張ろうという気持ちになります!

「いつか彼女や結婚相手と一緒に公園に行って遊ぼう!」とか、「一緒に出掛けられる相手を探そう!」って再び頑張ろうって考えることができます。

ランニング以外にも、サッカー観戦が趣味の人はサッカーを、買い物が好きな人は買い物を全力で楽しんでください。

すると、自分の頭の中をリセットできると同時に、誰かと一緒に過ごしたいという気持ちが再び芽生えてきます。その気持ちが芽生えたらまた行動を起こせばいいのです。

婚活の手法を変えてみる

マッチングアプリや婚活アプリでなかなかマッチングしなかったり、デートをしてもなかなか続かないことってありますよね。そういうときもモチベーションっていうのは下がってしまうものです。

そういうときは、婚活の手法を変えてみるのです。

例えば、マッチングアプリを今まで利用していた人は婚活パーティーに、婚活パーティーをやっていた人はマッチングアプリに切り替えてみるのです。

おすすめのマッチングアプリと婚活パーティーはこちらからご確認ください!

それぞれ、全くタイプの異なる婚活です。つまり、それぞれの婚活に集まる人の属性も異なるということです。

マッチングアプリでなかなか上手くいかない人でも、婚活パーティーでは対面で実際に女性と話せるので、上手くいく可能性もあります。

逆に婚活パーティーでは、数分間しか女性と話ができないので、緊張してなかなか上手く話せないという人はマッチングアプリのほうが上手くいく可能性もあります。

このように、婚活の手法を変えてみることによって、今まで上手くいかなかったことが急に上手くいくようになったりするのです。

今のやり方を思い切って変えてみることも、モチベーションを保つ1つの方法です!

太一
なるほどな。趣味に没頭したり、婚活の手法を変えてみることによって、1度自分をリセットできるってことか。もしモチベーションが落ちた時は参考にしてみるよ、

こんな感じで、婚活に対するモチベーションが下がってしまったときは2つの対処法で自分をリセットしていますよ!

是非参考にしてみて下さいね!


Pocket

今回の記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします

婚活ランキング
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いたって普通のアラサーサラリーマン。 身長162センチ、中肉(太りやすい体質)、脂性肌で、決してイケメンとは程遠い顔面にも関わらず、婚活パーティーでは成功率約70パーセントを誇る、自称「恋愛マスター」。