ポムポムプリンカフェに行ってきました

Pocket

どうも!いきなりですが、

ポムポムプリンカフェはご存知でしょうか!?

原宿の竹下通りにあるカフェです。

 

私はファッションが好きなのでよく原宿に行きます。

裏腹で買い物もよくするので、竹下通りもよく通ります。

 

しかしポムポムプリンカフェに行くのは流石に初めてです。

嫁さんが行きたいと言わなければ確実に行くことのなかったカフェでした。

 

ある意味貴重な体験をしたと思うので、レポートしたいと思います。

 

 

行ったのは土曜日の昼過ぎ1時半頃です。

1時を30分も過ぎているので、さすがに並んでいないだろうと思ったのですが、既に5組ほど入店を待っていました。

 

 

外装はガラス張りなので、店の外からでも中がよく見えます。

チラッと中を覗いたら、店内にいるのは9割5分が女子です。

 

 

想像はしてましたが、ここまでカップルが少ないというのは想定の範囲外でした。

 

 

30分ほど待って、いよいよ入店です。

 

 

中に入ると、トップに載せている画像のポムポムプリンがお客さんを受け入れてくれます。

 

 

とりあえずメニューを見ました。

とにかくお腹が空いていてメニューの写真を撮り忘れたのが残念ですが、オムライスやらパフェやら、女子が好きそうなメニューが目白押しです。

 

行く前に前もってホームページで食べたい料理を決めて行ったので、メニューを見ても特に迷うことはありませんでした。

 

席に座って店員さんに注文をします。

 

ポムポムプリンカフェの入口にはキャラクターのグッズがたくさん売っているので、食事が運ばれてくるのを待つ間、嫁さんはそれを見に行きました。

これも写真を撮らなかったのが残念です。

 

15分ほどして、いよいよ料理が運ばれてきました。

 

 

頼んだのは、私がローストビーフ丼で、嫁さんがビーフストロガノフです。

 

ご飯はサフランライスになっていて、黄色いご飯がポムポムプリンの顔や体を表しています。

 

ローストビーフ丼は卵黄が、カレーはハンバーグが帽子を表現しています。

 

その他、色々と盛り付けてあって、なんだか豪華です。

 

 

こういうキャラクターのお店って内装は可愛いけど、料理が残念っていうお店はたくさんあります。

例えば、普通の料理にキャラクターの旗だけが立ってるとか、普通の料理におまけだけがついてるとか。

 

しかし、このポムポムプリンカフェは内装だけではなく、料理のデザインにも本当なこだわっています。

作る人は大変かもしれませんが、お客さんは本当に喜ぶと思います。

 

 

早速、卵を崩して食べてみました。

 

↑スプーンの勢いが良すぎてポムポムプリンの頭頂部をかち割ってしまいました笑

なんだか表情もしょぼんとしてそうで可愛そうです(^_^;)

でもそこがなんだか可愛いです笑

 

ローストビーフ丼はビーフがたっぷりで、ソースもとても美味しく、すごく食べ応えがありました。

ビーフストロガノフもハンバーグが大きく、ルーには生クリームがかかっていて、味に深みがあって、コクもあり、とても本格的な味でした。

 

私は吉野家などのファーストフード店に行くと必ず大盛りにして、さらにポテトサラダを付けるくらいよく食べるほうなのですが、ポムポムプリンカフェのローストビーフ丼を食べたら結構お腹いっぱいになりました。

嫁さんはビーフストロガノフの量が多くて途中で苦しそうでした笑

 

ここのお店に入る前は、食事をして足りなかったらデザートも頼もうと考えていましたが、ひとつひとつの量が多いのでデザートは食べませんでした笑

 

味が本格的で量も多くて、食べた後に満足感があるからここのカフェは人気なんですね。

しかも内装は可愛くて、グッズもたくさん売っています。

 

 

 

ポムポムプリンカフェは可愛すぎて、奥さんや彼女がいなかったら絶対に来れない場所だと思いました。

ましてや男一人や男友達とでも絶対に入れません。

 

こういう可愛いお店って、内装だけが可愛くて、料理は残念っていう結果だと思って最初は全然期待していなかったのですが、いい意味で期待をかなり裏切ってくれました。

食べ終わった後にこんなにも満足感をえられるとは思わなかったのです。

 

 

 

マツコの知らない世界ではないですが、まさに「宏の知らない世界」でした。

 

 

 

私は結婚するまでは随分1人の生活を楽しんでいました。

料理も掃除もある程度は1人でできますし、1人で生活していくには充分な稼ぎはあります。

ファッションや映画、スポーツ観戦、食べ歩きなど、1人で楽しめる趣味もたくさんもっています。

 

 

でも、1人はいつまで経っても1人なのです。

 

 

買い物に行くにしても、家でご飯を食べるにしても1人。

テーマパークに遊びに行きたくても、クリスマスにイルミネーションを見たくても、可愛いカフェに入りたくても1人は1人です。

 

いつか結婚するかもしれないと思っていると、いつまでも大きな家には住めないし、友人との飲み会では奥さんや彼女の話には参加できないし。

誰かのためにお金を稼いだり、医療保険に入ったり、愛する人のために頑張るということがなくただ時間だけが過ぎていきます。

 

そんなのって虚しいですよね。

 

私は30になる前にその事に気づき、一生懸命婚活をしました。

結婚って自然にできる人もいれば、頑張らなくちゃいけない人だっています。

 

学生時代の彼女や、趣味で知り合った女性とたまたま上手く行けば、自然と結婚が出来ますが、そうでない人は自分から出会いを求めなくてはいけません。

 

 

でもそれって恥ずかしいことでもなんでもなく、誰かのために働こう、誰かを幸せにしようと、人の事を思う素晴らしいことだと思うのです。

 

誰かの為に働き、誰かを幸せにすることができてようやく人の気持ちを考えることができ、ようやく人として成長するんだと思います。

 

私自身、結婚をしてからはする前とは全然違うと思えるくらい成長しました。

何か行動を起こす前は常に人のことを考えられるようになりました。

 

これは結婚という経験がそうさせてくれたのだと思います。

 

誰かと付き合うことや、結婚をするということは、人生の大きなきっかけになります。

1人でいた時には気づけなかったことも、結婚することによって色々と気付けるようになりますよ(*^_^*)

Pocket

今回の記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします

婚活ランキング
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

いたって普通のアラサーサラリーマン。 身長162センチ、中肉(太りやすい体質)、脂性肌で、決してイケメンとは程遠い顔面にも関わらず、婚活パーティーでは成功率約70パーセントを誇る、自称「恋愛マスター」。