レストランウェディングの費用とは!?いろいろと詳しく紹介!

Pocket

先日こちらのブログでは、私はレストランウェディングで結婚式を挙げたという話をさせて頂きました。

【関連記事】結婚で必要なお金のコトや結婚までの流れ

結婚で必要なお金のコトや結婚までの流れ

2019年11月20日

この記事では結婚に必要な費用ということでざっくりとした説明になってしまったので、今回はレストランウェディングについてくわしく紹介をしようと思います!!

レストランウェディングはとてもおすすめ!費用を抑えて少人数でもできるよ!

私はレストランウェディングで結婚式を挙げたわけですが、結果的に大満足をしています。

大満足どころか、大大大満足しています!

 

レストランウェディングを挙げる人は、こういう人に向いています。

・費用を抑えたい

・少人数でこじんまりと結婚式を挙げたい

・料理にこだわりたい

・オリジナリティを出したい

私達夫婦の場合は、結婚式を挙げるにあたってこれらの条件に全てあてはまっていたんですね。そういった要望を全て叶えられるのがレストランウェディングでした。

レストランウェディングの人数と費用について

まず人数と費用の問題ですが、結婚式というのはとてもお金がかかります。

実際の費用はというと、結婚式場やゲストの人数、オプションにもよりますが、だいたい80名呼んで400万円前後と考えてもらえればいいと思います。

これらの他、二次会を行う人は二次会の費用、ゲームの景品を用意する人は景品代、それからウェルカムボード、装飾代、衣装の小物類など、多くの費用がかかります。

結婚式の費用とはピンキリであり、いいものにしようと思えば思うほど費用は青天井になります。

 

結婚式の費用というのは、最終的には出席者からの御祝儀でいくらか返ってきます。

だいたい1人3万円で来てくれるので、80名来てくれたら240万円はほぼ確実に返ってくる計算となります。さらに自分の父親、兄弟、祖父は多く出していただける傾向にあるので、実際はもっと返ってきます。ざっくりと計算するとこうなります。

新郎両親:50万円(御祝儀というよりも、結婚式支援)

新郎兄:5万円

新郎祖父母:10万円

新婦両親:50万円

新婦姉:5万円

新婦祖父母:10万円

計130万円

その他出席者:3万円×70名=210万円

合計340万円

これくらいは返ってくる可能性があります。

両親の支援がさらに高額だったり、祖父母からもさらに支援がある場合はもっと戻ってきます。逆のケースもありますが、だいたいこれくらいの金額が戻ってくると考えてもいいでしょう。

 

最終的にはこれだけの金額が戻っては来ますが、結婚式場によっては半分の金額を前金で払う必要があります。場所によっては全額なんていうところもあります。

最初にそれだけの金額を用意する必要があるので、結婚式を挙げる前というのは結構大変なのです。

 

しかし、レストランウェディングを選んだ場合はいかがでしょう。

レストランというのは、大きなお店もありますが、ホテルやゲストハウスと比べたら規模が小さいところが多いのです。

そのため、少人数で結婚式を挙げる人に向いているのです。

 

結婚式の費用というのはだいたい人数の数と比例しています。

私は最終的に40人で結婚式を挙げましたので、かかった費用は180万円でした。

ここに、ウェルカムボードや新郎新婦の衣装の小物を用意しました。席次表は式場ではなく業者に依頼をしました。入口には写真を用意したりもしたので、その現像代も入れると、全部で20万円くらいはかかりました。

つまり、40人で約200万円という計算になります。

 

80人呼ぶと400万円かかる理由がわかりますよね!

結婚式に必要な費用ってほとんどが料理代と引き出物なんです。

つまり、人数が増えれば増えるほど金額も増えていきます。

 

ホテルウエディングやゲストハウス、専門式場の場合はこれらの他にテーブルに飾るお花も必要になってくるので、プラス10万~20万円は必要になります。

それに比べレストランウェディングですと、普段レストランとして営業しているテーブルを並び替えるだけですし、プランの中にそもそも組み込まれているお花代があるので、それで賄えてしまいます。

こじんまりとしている結婚式だからこそ、テーブルにあまりお花を飾らなくても大丈夫なのです。

結婚式をやるために作られた、人数の多いホテルウエディングやゲストハウスの会場の場合は、テーブルにお花を飾らないとちょっと殺風景になってしまいますので、多くの場合に別途お花代が必要になります。

レストランウェディングで料理にこだわりたい!

私はイタリアンレストランで結婚式を挙げました。

料理を提供してくれるシェフはイタリア人です。

結婚式が終わり、披露宴が始まる前はわざわざ出席者の前まで出てきてくれて、イタリア語で本日のメニューの紹介をしてくれました!

もちろん、日本人スタッフの通訳付きです!

そんなサービスがあるなんて、レストランウェディング特有のサービスですよね。

 

それと、結婚式の料理って、大きなお皿に魚がちょこっと乗っていたり、小さい肉がちょこっと乗っていたりと、量が少ないって思ったことはありませんか!?私はよく思っていたんですよね。

 

「これじゃお腹いっぱにならねーよ!」って(笑)←こんな客嫌ですよね(笑)

でも、毎回そう思っていたので、一緒に運ばれてくるパンをひたすら食べていました(笑)

 

レストランウェディングならそういった悩みを解決できます!

イタリアンなので、前菜を食べたあと、すぐに肉料理が運ばれてきて、メインはパスタとリゾットでした。さらにピザも付けました。麺と米とパスタの炭水化物3点セットです。

これだけ炭水化物が出てくりゃ文句ないだろ!というくらい料理の量にはこだわりました(笑)

しかもその後、カットされたウェディングケーキ、さらにはデザートブュッフェも用意したので、ゲストは大満足だったみたいです。

↑本格的なリゾットとパスタです!

イタリアンレストランでのウェディングでしたので、途中でタキシードとドレスの上にコックコートという、エプロンのようなものを身につけ、シェフと一緒に料理を作るというアクティビティもありました。

そしてその料理をゲストに振る舞うのです!

こういったイベントもレストランウェディングならではで、ほかの会場では味わえない感動でした。

レストランウェディングでオリジナリティを出したい!

私は二次会も同じ会場でやりました。

1階で披露宴と結婚式、2階で二次会という流れです。

披露宴と二次会を同じ場所で挙げられるのって本当に楽ですよ(笑)

だいたい披露宴と二次会って場所を移動すると思うんです。ゲストにとっても負担ですし、式を挙げる本人にとっても移動が大変です。場所によってはドレスを着直す必要があるので、別途ドレス代がかかることもあります。

 

その点、レストランウェディングでは一度に同じ場所で式を挙げることができます。

披露宴と二次会までの時間は自由なので、ゆっくりと仮眠をとることもできます。さらに新郎新婦というのは披露宴の食事をゆっくりと食べることができないのですが、この時間を利用して食べることもできます。

 

レストランウェディングらしく、二次会でもゲストのみんなには美味しいオリジナル料理やこちらがリクエストした料理を堪能してもらい、満足をして帰ってもらいました。

この会場の2階というのはレストランウェディングの二次会専用の会場なので、時間には融通が利き、二次会が終わったあとでも割と長い間写真を撮ることができました。

レストランウェディングは最高!

とにかくレストランウェディングは最高だと思いました。

人数が少なくても規模感としてはちょうどいいし、その日は私たちだけの結婚式だったのでとにかく時間の融通が利きました。

結婚式というのは、人数をたくさん呼べば呼ぶほどお金が掛かります。つまり、人数を呼べば呼ぶほど会場は儲かることになっています。あまり大きな会場だとこちらの人数が少ない場合、ちょっと嫌な顔をされることもあります。別の会場でそういうことがあったので、そこはやめてレストランウェディングにしたという経緯もありました。

 

私たちは2人共シャイな性格なので、人前でしゃべることが苦手ですし、大人数で盛大に結婚式をやるっていうことが最初から選択肢からなかったんです。会社の人を呼んで大勢でやっても良かったのですが、お互いの親族も緊張するよねって話になって少人数で結婚式を挙げました。

多分、これからの結婚式っていうのは、こういう少人数での結婚式っていうのがスタンダードになるような気がするんです。会社の人たちや先輩後輩を大勢呼んでワイワイやるというよりも、親族だけで朗らかに挙式をし、自分たちのカラーを出すことが多くなるような気がするのです。そのほうがこれからの時代、合っているような気がしました。

 

当日は私たち2人の為に、こちらのレストラン会場のスタッフたちが総出でお世話をしてくれました。

この日だけは本当に私たち2人だけが1日主人公になった気分でした。

そんな気持ちにさせてくれたのもここのレストラン会場のスタッフのお陰だと思っています。わずか数時間という短い時間でしたが、そんな気持ちにさせてくださったスタッフの方々には感謝をしています!

そんな気持ちを是非あなたもレストランウエディングで体験してみてくださいね!

【関連記事】結婚で必要なお金のコトや結婚までの流れ

結婚で必要なお金のコトや結婚までの流れ

2019年11月20日
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

土日祝日休み・趣味はゴルフ、野球観戦といった絵にかいたようなサラリーマンです。見た目は低身長・脂性肌・太りやすい体格・決してイケメンではない外見ですが、有村架純に似た5歳年下の美女と結婚しました。今では子どもも生まれて幸せに暮らしています。 ではいったいなぜそのような結婚をすることができたのか。それは独身時代に【あること】をしたことがきっかけでした。 その【あること】とは一体… その秘密をこのブログで無料公開しています。